ばくちゃんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ常勝理論♪
パチンコは勝てるギャンブルだ!
これは間違いない 断言できる。
しかしここで言う勝つの意味はトータル収支で勝つという事。

パチンコといっても数多くのスペックが存在しますが
今回は新基準機編と題して
代表的なもので大海物語M56を取り上げたいと思います♪

海⇒新海⇒大海と進化を遂げてきた海シリーズですが
規則改正により大幅にスペックが変化しています

海⇒新海では時短機能の搭載 

新海⇒大海では確変率の大幅UP

これが何を意味するかと言いますと、初当り確立の低下です。
つまりは最初に当りを引くまでにかかる投資が嵩むと言うことです><
今回例に挙げる大海物語M56のスペックは
①大当り確立 1/370
②大当り出玉 1700個
③確変平均連荘 3.5連荘(確変率60%)
④時短引き戻し率 23.74%
⑤トータル連荘率(確変+時短) 4.28連荘

ここで注目はトータル連荘率4.28です。
出玉に換算すると約7300個 等価交換で29200円です。
ですがこれは時短も含めているので実際に朝一から打ち始めると
出玉6000個 等価交換で24000円になります。
これは何を意味するかと言うと、初当りまでの投資を24000円以内に
収めれば理論上は勝てる計算になるのです。
例)投資23000円 1000円のプラス
  投資24000円 プラスマイナス0
  投資25000円 1000円のマイナス
といった感じです。 この投資金額と出玉の換金額がプラマイ0になる
ラインをボーダーラインと言います。
ここで具体的に大海物語M56のボーダーラインはと言うと
等価交換で16回です。よって千円で16回転の台では終日打っても
プラマイ0なのです。
よって千円で20回転近く回る台は理論値上勝てるのです。
しかしこれは大当り確立1/370を正確に維持した場合に限ります。
なので自分の引き(運)が弱い場合(ムラなどが生じた場合)
十分負ける可能性も出てくるヮケですorz
ですからそういう日はきっぱり諦めて帰るのが得策です。
しかし人間どうしても熱くなりがちです。特にギャンブルは・・
なのでここは開き直って、その日は負けても全然問題ないのです。
目指すのはトータル収支をプラスに持っていく事なのですから。
大体1ヶ月もあれば差が出始めます。(当然勝ち負けの差です!)

千円24回転↑の台なんて超お宝台ですよ♪
3万円出しても代わってほしいですorz・・・

なかなか落ちてないんですケドね・・店側の経営上の問題で><
赤字覚悟のマジイベントなら2台くらいは落ちてますがw


4
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いやまて!
最後の 4 ってのがすげぇ気になるんだ!!
【2006/04/09 23:57】 URL | 水貴 #- [ 編集]


ふふふ・・・
気になるであろう・・・ そうであろう・・・ヒヒヒw (←何
【2006/04/10 16:14】 URL | ばくちゃん #- [ 編集]


お~なんかパチのことが少し分かったかもw
↑こういうのに限って負けるw
もっと教えてw
【2006/04/12 00:10】 URL | 火幻 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://evanokakusei1.blog57.fc2.com/tb.php/11-8037eb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。